The Holydrug Couple – ‘Noctuary’ (Sacred Bones)

あまりに飲み過ぎて胃を壊してしまい、あんまり飲んでいなかった。といっても酒ではなくてコーヒーの話し。受験生時代に、その当時も家での勉強が苦手だったため、夜な夜な近所のファミレスに行って勉強をしていた。そのときに出てくるコーヒーのおかわりをやりすぎたのか、ある日の授業中、胃に激痛が走り、座ってることすらキツい状況で這うように家まで帰ったことがあった。あれを越える痛みは、その後味わったことないかもしれない。丸一日寝たらだいぶよくなったのだが、あれはなんだったのだろうか。その恐怖心からあまり飲まないようにはしていたのだが、最近モーニング・セットを食べる機会が増え、必然的にコーヒーも飲むことになる。今の寒い季節が助長しているかもしれないが、朝のコーヒーが凄く幸せな気分にさせてくれる。でも、飲み過ぎないようにしよう。Föllakzoid 同様に、Sacred Bones のチリ・サイケ推しからのもうひとつの The Holydrug Couple 。こちらはデュオ編成が肩書きのバンドで、アルバムは10曲。レコーディングは全てふたりで行ったそうで、どちらも色んな楽器が演奏できるとものと思われます。彼等の場合のサイケデリックは、60年代のそれに近く、ソングライトが主立った要素。もちろん、演奏される楽器によるフレーズや色彩は、ウネリやトバシが入っているけれど、シンプルなもの。でも、ヴォーカルやメロディはそこまで甘酸っぱいポップ感はなくて、不精な感じで、そのあたりの雰囲気は、Föllakzoid とも通じるものがあります。チリ、サンチャゴのサイケ・シーンは、大体こういう感じなんですかね。 仲間意識が強いのかな、どちらのバンドにも共通して言えるんですが、ちょいと馴れ合いの関係になりすぎて、前提がありすぎるんじゃないかしら。

5.5/10

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s