Ducktails – ‘The Flower Lane’ (Domino)

まぁ、殆ど何もしていなかったですけど、Ducktails のイベントをそういえば主宰していました。その節はありがとうございました。で、その時、本人がどうしても必要と頼まれ、中古屋で急遽買った SK-1 は、まだとっておいてあります。それよりもずっと高価なシンセは売っちゃったけどね。もしまた彼が来日した時には、いつでも貸せますが、もう必要ないかもね。情報通り今作からフル・バンドになった Ducktails です。レーベルも Real Estate 同様に Domino からのリリース。バンドのメンバーは Big Troubles の人達が中心。これまで完全なソロ作としてリリースしてきた過去4作(ひとつはカセット) から比べると、それはもう全然違う感じです。Real Estate というバンドがありつつ、ソロ活動をしてローファイな音楽をやる意味のようなものは、作品を聴けば感じられたし、おもしろかった。さて、バンドになった Ducktails は、どうでしょう。The Flower Lane を通して聴いた感想としては、今までの雰囲気をキープしているもの、Real Estate 風なもの、新たな Ducktails の大きく3つサウンドに分けることのできる作品です。過去の部分をもう少し正確に言うなら、Woodsist からの前作 III: Arcade Dynamics 風なもので、それ以前な感じではありません。Real Estate 風なものは置いといて、新しい雰囲気のものとは、”The Flower Lane” や “Letter Of Intentr” に代表されるような、AOR系のソウル・ポップと、”Under Cover” みたいな Style Council のような、こちらもソウル・ロックな曲で、これらの曲にはさっき言った、新しくなった Ducktails としての意味は凄く感じられる。あと、The Felt みたな曲もあるけか。そんな感じですので、今回は新星 Ducktails というよりは、現在・過去・未来が同居する、 途中下車的な作品ですし、そう願いたい。

6.5/10

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s