Speck Mountain – ‘Badwater’ (Carrot Top)

若者ぶって、スリムなパンツを履いてみようと試着室で試してみては、全く入らず断念する。入らないひとつの理由は、単純にデヴったからであり、ウェストのサイズがキツい。そして、もうひとつは、ウェスト・サイズを大きめに考慮しても、ふくらはぎの部分で全く入らないパターン。中学以降は特に部活もしていないし、成長はしていないと思うが、その部分だけはなんか立派に膨らんでいて筋肉質。たぶん、小学校の時にやっていたスピード・スケートの影響が大きいと思う。それ以外で考えられるのは、立ち仕事が多かったせいぐらいか。あまり夢を見ないで、現実的なものを選ぶしかない。そんなおじさんには、Speck Mountain が程よいかんじ。もし、このバンド名にかすかな記憶がある人がいるとしたら、それは当時、それまでのハウス・レーベルから、急激にソングライター/フォーク路線にシフト・チェンジした Peacefrog レーベルからリリースされていた作品を知っていたからではないでしょうか。その後は今作同様に Carrot Top からリリースをして、これがサード・アルバムになるのですが、今までのデュオから4ピース・バンドへ強化しての作品 Badwater です。本作は、ジョンマケの Soma スタジオで録音されたそうで、実際にミックスを彼が担当したものが多く収録されているようですが、エンジニアに本人が携わったかは未確認です。ジョンマケ・プロデュースと言えば、最近 Yo La Tengo もそうでしたから、それと比較するとそんな雰囲気はあんまり感じられないから、たぶん違うでしょう。なので、ジョンマケ節には染まらず、Speck Mountain としての新たな編成で目指すものが素直に出ている作品だと思います。そうなると、どういったものになるかというと、フォークな雰囲気を洗練された演奏や音色で演じて、女性ヴォーカルと一体となり構成されるものなんですが、彼等にしたら人数も増えてかなりバンド的なものになったとは思いますが、リスナー的にはそれっぽいものになっただけの印象かな。

6.0/10

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s