Iron And Wine – ‘Ghost On Ghost’ (4AD)

Ghost On Ghost

先週の鳥天国の余韻からか、何でもいいから何か観たくって近郊の野鳥公園へ行ってきた。敷地内にある絶好の鳥ウォッチ・プレイス建物に入ると、ウォッチ歴の長そうな方々が数名いる。何となく予感はしていたが、ひとりのおばちゃんがやってきて、双眼鏡は両手で持った方がいいわよと、絡んできた。その場所には備え付けの望遠鏡があり、そんなのよりこっちの大きいので観なさいと、勧められる。確かに断然観やすくていい感じ。そして、今からシラサギを入れますからちょっと待って、はい、入りました。と、望遠鏡の視覚にターゲットを合せることを入れますと表現して、その後も色々と僕らに覗かせながら説明をしてくれた。それはそれでとてもありがたく、勉強になったのなが、困ったのはそのおばちゃんの話しの半分以上は鳥以外の話題で、先週から同窓会に行ってきて、親戚のとのやり取りなどを、僕らに話してくる。あげくの果てにはある話題から連想して、そういえばこんな唄があったわねと、歌い出す次第。もう、どうしていいか分からず、その時間が終わるのをただただ待つしかなかった。そして散々しゃべり倒して、そろそろ行かなきゃと帰っていった。鳥ウォッチの道のりは険しいものだ。毎度素晴らしい唄を届けてくれる Samuel Beam による Iron And Wine の、2年ぶりになるアルバム。唄を飾る穏やかで豊かな音楽と、安定感抜群の唄。おばちゃんのように簡単にいかないけど、いつか言葉を交え、若者相手に口ずさんでみたいものです。

7.5/10

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s