Raspberry Bulbs – “Groping The Angel’s Face”

Raspberry Bulbs

デビュー・アルバム Nature Tries Again を Hospital Productions からリリースしていた、基本は M. del Rio によるソロですが、5ピースにもなるブルックリンのブラックメタル、パンク、ノイズ・バンド Raspberry Bulbs の最新曲 “Groping The Angel’s Face” です。こちらの曲は、8-トラック・テープで録音された新作アルバム Deformed Worship からの先行曲で、リリースは、7月に Blackest Ever Black からリリース。

The Everywheres – “Easy Bells”

The Everywheres

前回ポストしたときは、見当たらなかったのですが、今回の新曲の際にそれらしきアー写があったので改めて。オースチンのソングライター Samuel Hill 率いるサイケフォーク・バンド The Everywheres がデビュー・アルバムから、新たな音源 “Easy Bells” は、ガレージ・サーフサイケな曲。セルフ・タイトルのアルバムは、Father/Daughter Records から、6/25 のリリースです。

Hospital Ships – “If It Speaks”

Hospital Ships

カンザス、ローレンスの Jordan Geiger のソロ・プロジェクトとして始まった Hospotal Ships ですが、現在はバックバンド3名を加えて4ピースになっています。彼等の2年ぶりとなる新作 Destruction In Yr Soul からのセカンド・カット “If It Speaks” は、アグレッシヴでエモーショナルなオルタナ・ロック路線。Destruction In Yr Soul は、Graveface Records から、6/18 にリリース。

The Dodos – “Confidence”

The Dodos

先日 Polyvinyl にレーベルを移籍したアナウンスがありましたが、新作アルバムよりファースト・トラックが “Confidence” がアップされた USインディ・ロック/フォーク・デュオ The Dodos です。以前よりもパワフルになったような印象があります。通算5作目となるアルバム Carrier は、Polyvinyl Records から、8/27 にリリース。

Julianna Barwick – “Forever”

Julianna Barwick

Roberto Carlos Lange との OMBRE、そして Ikue Mori とのコラボ作を挟み、2年ぶりとなる自身の新作アルバムをリリースする Julianna Barwick です。以下の映像音源は、新作アルバム Nepenthe からの収録曲 “Forever” を交えた予告映像。Nepenthe は、Dead Oceans から 8/20 にリリースです。